無名ブログ

その辺にいる名も無き一日本人の雑記

中国と呼ぶべきか、シナと呼ぶべきか

 中国について、「中国」と呼ぶべきか、「シナ」と呼ぶべきかという議論がある。

 

 歴史的な経緯云々というよりは、シナが差別用語かどうかが論点になっているようだ。

 

 よく言われるように、シナ・支那始皇帝で知られる秦を語源とするとされており、別段差別用語ではない。シナを差別用語だというのなら、同じく秦を語源とするChinaという呼び方も差別用語ということになる。

 

 では、だから中国を「中国」ではなく「シナ」と呼ぶべきかと言えば、私は「中国」の呼び方でいいと思う。

 

 1つは、中国自身が自らの国名を中華人民共和国としているのであるから、その通りに呼ぶのが妥当だということ。

 

 ミャンマーはかつてビルマと呼ばれていたが、今はミャンマーと称し、日本でも一般的にその名称で呼ばれている。

 

 ビルマミャンマーについて色々意見や解釈があるが、当該国がそう称したいというのであれば敢えて否定する必要もない。

 

 中国についても同様だ。

 

 

 

 もう1つは、中国の方が、彼の国の本質をこれ以上ないくらい端的に表しているからだ。

 

 中国、国家としての名称は中華人民共和国

 

 中華とは国家とか文明圏とかいう意味。

 

 一度くらい中華思想という言葉を聞いたことがあるかと思う。

 

 これは誤解しやすいが、「世界に様々ある国々の中で、最も優れた国家」という意味ではない。

 

 自分の国が一番という考え、感情は、どの国、どこの国民でもある。

 

 そうでないのは、日本の反日主義者と売国奴くらいのものだ。

 

 中華思想とは、「この世界に国家は、文明は中国だけ」という思想だ。根本には儒教という宗教がある。

 

 繰り返しになるが、「世界に様々ある国々の中で、最も優れた国家」という思想ではない。

 

 国家、文明といえるのは、この地球上に中国だけ。他に国などない。文明もない。それが中国人の根本的な考え方だ。

 

 大雑把に言ってしまえば、中華とは固有名詞ではなく、普通名詞。「国」くらいの意味だ。

 

 だから、中華人民共和国というのは、国共和国とでも称しているようなもの。

 

 何だよ、それじゃ、中国以外の国々は国家じゃないっていうのかという声が当然あるだろう。

 

 その通りだ。

 

 日本も、朝鮮も、タイもベトナムも、中華思想では国家ではない。国家に値しない(朝鮮はやや「別格」だが)。

 

 だから、かつて聖徳太子が送った国書に中華帝国、隋の皇帝煬帝は激怒したのだ。

 

 たまに、国書の内容が、「日没する処」の天子、すなわち凋落する国のようにも取れるから激怒したと説明されることがあるが、実際の理由は、「日出国の天子」から「日没する処の天子」への国書であったこと、すなわち、対等の立場で送られた国書であったことによる。

 

 周辺地域の野蛮人共が、こともあろうに中華帝国皇帝に対等の国書を送ってきた。許しがたい。何様のつもりか。

 

 こんなところか。

 

 私も理解はできないし、実感も持てない。ただ、理屈としてはこういうことになっている。

 

 あえて例をあげるなら、どこかの知事が、官邸に内閣総理大臣の肩書きで手紙を送ってきたようなものだろうか。

 

 いや、もっと強く。猿山の猿が人間様と対等のつもりでいる。こちらの方が適切か。

 

 

 ともかく、中華思想においては、中国以外に国はない。

 

 例外は、中国の冊封を受け、その属国となった国だ。代表格は朝鮮。冊封体制に入ることで、衛星国という立場であるが、一応の国家(準国家とでも言うのが妥当か)として認められる。

 

 

 故に、中国は、東シナ海にせよ南シナ海にせよ、平気で侵略をする。

 

 「中国人」の感覚で言えば、自分の家の庭先に建物を建てて何が悪い。文句を言ってる連中がいるが、うちの庭先を勝手に横切ってる方が悪い。

 

 こうなる。

 

 もっと身近な例でも、マンションやアパートで、中国人がルールを守らずトラブルを起こすケースがあるが、これを注意されたときの中国人の反論が、「中国ではこうやっている」「中国ではこれでいいんだ」というものであることが、ままある。

 

 野蛮人の倭人のルールなど知ったことか。これが中華の人、「中国人」の考え方だ。

 

 自分達だけが国家というものを持つ文明人。この地球に自分達以外の国はないし、文明というほどのものはない。自分達のルールが唯一のルールであり、他の野蛮人どものルールなどルールに入らない。

 

 これが中華だ。

 

 「中国」という表現は、彼の国の本質をこれ以上ないくらい端的に表している。

 

 故に、中国はシナではなく「中国」と呼ぶべきだと考える。

 

 ただし、中国の意味を、日本人の常識になるくらい、きっちりと教えてからだ。