無名ブログ

その辺にいる名も無き一日本人の雑記

政府は民意を尊重せよ|戦犯企業ステッカー条例

 

 ここでいう政府は日本政府ではない。民意も日本の沖縄のことでもない。

 

 政府は韓国政府、民意は韓国の京畿道のこと。

 

 韓国の京畿道議会で、日本の「戦犯企業」の製品に、戦犯企業製品ステッカーを貼り付けることを義務付ける条例案が提出された。

 

 是非とも可決して実行に移して頂きたいのに、韓国政府は余計な憂慮を示した。

 

 韓国の京畿道議会で、学校の備品に「戦犯企業の製品」と明記したステッカーを貼り付けるよう義務付ける条例案が提出されたことなどについて、康京和外相は21日、国会の委員会で答弁し「自治体の審議過程で、慎重に検討する必要がある」と述べた。

 康氏は「政府レベルで自治体の活動に関し、具体的に評価、言及するのは適切ではないかもしれない」と断った上で、「外交関係を勘案し、考慮すべき事項があるとみている」と懸念を示した。

                         出展元:時事通信

 

 

  何ということだ。京畿道の民意を否定しようとは。

 

 京畿道の議員とて、韓国国民にして京畿道の住民により選出されたもの。その条例制定に横槍を入れるのは、民意を捻じ曲げ、否定するに等しい。

 

 朝日、毎日、NHKよ、批判しないのか。

 立憲、国民、社民などもだ。

 

 沖縄の選挙や住民投票では、いつも民意を尊重せよと叫んでいるではないか(自分達の意に沿わない投票結果が出たときを除く)。

 

 先頃の辺野古埋め立ての住民投票のときも、工事を続行しようとした政府を、民意の否定だと散々批判していたではないか。

 

 韓国のことだから?外国のことだから干渉しない?

 

 何を今更。民主主義はふへんのげんりなのだろう。日本だろうが韓国だろうが、地方の意思を中央の政府が捻じ曲げようとするなど許されるものではないはずだ。

 

 実際、沖縄の選挙や住民投票でも、何故か沖縄県民どころか日本国民ですらない韓国人の市民団体が活動していたのに、一言も内政干渉と批判していなかったではないか。

 

 何よりも、韓国様が、こんなに日本にお怒りだぞと喧伝できるのに、なぜこんなおいしいネタを見逃すのか。

 

 少し前まで、歴史関係で韓国人が日章旗を破いたりする光景を、反日感情が高まっていますと嬉々として垂れ流していたではないか。

 

 何を躊躇っている?

 

 躊躇っているといえば、韓国もだ。

 

 同じく上の記事から。

 

   同席した金富謙・行政安全相も「国民から懸念する声が出ており、京畿道の教育庁も『(条例案は)適切ではない』という立場を明確にしている」と指摘した。

 

 懸念?不適切?

 臆したか、韓国人よ。小中華、朝鮮の誇りを忘れたか。

 

 小中華の誇りがあるのなら、学校の備品、それも一定額以上のものにのみ貼るなどとチンケなことをするな。

 

 日本の部品や素材が使われている製品には全て貼り付けるべきだ。

 

 

 ただ、「審議過程で、慎重に検討する必要」があるのは同意だ。

 

 ネット上で指摘されていたが、この戦犯ステッカー、趣旨はいいのだが、今ひとつデザインのパンチが弱い。

 

 韓国のために、旭日を背景に加えたデザインを考案して下さった方がいるので、是非とも取り入れてもらいたい。

 

 戦犯製品と戦犯旗、この上なくマッチする素晴らしいデザインだ。

 

 後、人間、ついつい目の前の物に注意を惹かれがちだが、学校の備品だけではなく、校舎自体にも貼るのを忘れないようにしてもらいたい。

 

 学校も、戦犯国日帝残滓なのだから。