無名ブログ

その辺にいる名も無き一日本人の雑記

守り続けるべき言論かは自分達が決める-朝日新聞

 自由な言論の守護者を称する朝日新聞が、堂々と言論封殺を容認する社説を掲載した。

 

 朝日をよく知る人は、へー、くらいの反応だろうが。ここまではっきりと言論封殺を容認する記事は、朝日の中でもなかなかないのではないか。

 

 2019年4月11日の朝日新聞社説。

 

 表題は、「自由な言論 守り続ける覚悟を」

 

 書き出しは、何ら異論のないものから始まる。

 

 

 自由に考え、自由にものを言う。そんな当たり前の行為が、不当に制限されることがあってはならない――。

 

 全くだ。まさにその通り。何の異論もない。

 

 

 社説でも折にふれ主張してきたことだが、民主主義の基盤を傷つける出来事が、最近も相次いでいる。

 

 言論の自由は、民主主義の基盤。これも全くその通りで、何の異論もない。

 様々な意見を主張し、事実を伝え、国民はそれを聞き、見て、国家社会のあり方、政策について判断をする。言論の自由が不当に制限されることは、国民から選択肢を奪うに等しい。

 

 

 京都府南丹市は昨年11月、精神科医香山リカさんの講演会を中止した。講演を妨害するような電話や、政治団体による街頭宣伝の予告が届いたためだ。予定されていた演題は「子どもの心を豊かにはぐくむために」。市は、母親や子の安全確保を理由に講師を変更した。 

 露骨な嫌がらせに市は毅然(きぜん)とした態度で臨んでほしかった。警察に警備を依頼するなど対策は十分とり得ただろうし、似たようなケースで行政側の対応を違法とした最高裁判例もある。結果として圧力に屈した形になったのは残念でならない。 

 一昨年も同様の経緯をへて、香山さんの東京都内での講演会が取りやめになっている。当時、差別的な言動に反対するなど活発に発言していた香山さんは、ネット上で激しく攻撃されていた。今回の妨害行為の背景にも、香山さんの活動に対する敵意がうかがえる。

 

   反差別活動を持ち上げながら、差別的言論を堂々と放言する香山リカ氏を持ち出してくるあたり、朝日の正気を疑う。

 大多数の読者は、香山氏の言動など知らないだろうと高を括っているのか。

 多少とも政治に関心のある方なら、まず香山氏の言動は知っているだろう。

 

 例えば、「原発維持・推進しようとする人は心の病気」発言。

 

 反原発という意見を持つのは香山氏の自由だが、自分とは異なる意見の持ち主は心の病気と言い放つのは、異なる意見は全否定するというに他ならず、言論の自由の対極にいるということに他ならない。

 

 

 逆に、心を病んでいる人の意見は意見に値しない、聞くに値しないということにもなる。

 

 ちなみに、香山氏は精神科医だ。

 

 香山氏の言動は、まさに差別発言そのものではないのか。

 

 自分の意に沿わないデモに、汚い言葉と仕草で罵声を浴びせて妨害するという事もしている。

 

 有名な(?)中指立てだ。

 

 朝日が持ち上げる差別的な言動に反対する活発な発言とは、この中指立てのことだろうか。

 

 中指が何のことか分からない方は、「香山リカ 中指」で検索すると、画像や動画が出てくるので、ご覧頂きたい。

 

 このような言動を平気で行う人間に対して、憤りや敵意を抱くのはある意味当然ではないのか。 

 

 ちなみに、香山氏はドラクエは音を消してプレイするらしい。

 

ドラクエは音を消してプレイ|精神科医香山リカ氏 - 無名ブログ

 

 

 この例に限らない。憲法基地問題などを取りあげた集会で、自治体が後援や共催を取り消す事例が絶えない。多様な言論を保障する責務の重さを、行政は認識してほしい。

 

 前々からなのだが、これがよく分からない。

 

 朝日にせよ市民団体にせよ、自治体が後援や共催を取りやめることをしばしば批判しているが、そもそも何故自治体の後援や共催を求めるのか。

 

 自治体というが、彼らの憎んでやまない「権力」だ。

 

 何故自分達の催しに「権力」の支援を欲しがるのか。朝日は反権力がスタンスなのだから、むしろ自治体が後援や共催という形で言論活動、市民活動に関わることを批判するのが筋ではないのか。

 

 一般に、自治体が後援する催し物となれば、信用は高まるだろう。それを欲しているのであれば、今後は反権力などという寝言は言わないことだ。

 

 念のため、自治体の後援、共催の取りやめは、特定の団体の言論活動にことさらに肩入れしないという程度のことであり、講演を差止めるというようなものではない。当然、言論封殺でもなんでもない。

 

 常日頃は反権力と叫んで叩いていながら、自分達に都合のいいときは権力の支援を求める。

 

 そういうのは民主主義とかいうのではなく、ご都合主義と言うのだ。

 

 

 もちろん、憎悪むき出しのヘイト行為などは健全な言論活動とは言えない。憲法が保障する表現の自由は、個人の尊厳を傷つけないことが前提であることを、確認しておきたい。

 

 朝日は「ヘイト行為」、「個人の尊厳を傷つける表現」は健全な言論活動とは言えない、言論の自由の保障に値しないと言う。

 

 少なくとも朝日の言う憎悪むき出しのヘイト行為とは、中指立てのことではない。個人の尊厳を傷つける表現とは、原発推進派は心の病気発言のことでもない。

 

 朝日はこれらの行動、発言を批判したことなどない。

 

 では、何を以って「ヘイト行為」「個人の尊厳を傷つける表現」と判断するのか。

 

 一律の明確で客観的で公平な基準を作れるのか。

 

 そんなことは不可能だろう。

 

 そして、健全な言論活動とは言えないと判断された言論表現活動はどうなるのか。

 

 潰して、封殺して構わないということだろう。

 

 例えば、一橋大学で行われる予定だった、作家である百田尚樹氏の講演会を潰すなどだ。

 

 実際、脅迫まがいの批判で講演会つぶしをやった歴々の主張は、百田はレイシストだから講演会を潰すのは正当だというものだった。

 

 レイシストとレッテル貼りをしているが、百田氏は日本の良いところは良いと言い、中韓北朝鮮の悪辣な行いや常習的な約束破りなどの行為を批判しているだけだ。

 

 日本の良いところを良いと言うのも、中韓北朝鮮の行いを客観的事実に基づいて批判するのも、本来、言論であり表現であることに何ら変わりはない。

 

 ここで朝日が、百田氏の意見や表現には反対だが、その講演会を、しかも脅迫的方法で潰すのは断じて是認できないと批判したのなら、この社説ももう少し襟を正して読む気にもなれたろう。

 

 当然、朝日はそんなことはしていない。

 

 朝日にとっては、百田氏の意見や表現は、「ヘイト行為」、「個人の尊厳を傷つける表現」なのだろう。

 

 朝日にせよ、百田氏の講演会つぶしをした連中にせよ、言論の自由を守れというリベラルの考え方をまとめるなら、こうなる。

 

 「私はあなたの意見には反対だ、だから、あなたがそれを主張する権利は命を奪ってでも否定する」

 

 自分達の言いたい事は言いたいように言うが、自分達の意に沿わない意見、自分達に都合の悪い事実の主張は、「ヘイト行為」「個人の尊厳を傷つける表現」だから、全否定する。そんなものは言論として認めない。

 

 言論の自由の保障に値する言論であるかは、自分達が決める。

 

 自分達の意に沿わない、都合の悪い言論は封殺して構わない。

 

 これが朝日のいう言論の自由であり、民主主義だ。

 

  

 

 許しがたい別の嫌がらせ行為もある。女性差別などについて積極的に発言する議員や弁護士に、頼んだ覚えのない商品が送りつけられてきた事件だ。

 北九州市の村上聡子市議には昨夏以降、下着などが代金引換で配達された。加計問題で政権を批判した前川喜平元文部科学事務次官を招いて、講演会の司会をした後から始まった。

 「言論封殺の意図を感じる。こんなことをしても発言をやめはしない」と市議は話す。

 

  許しがたい嫌がらせだ。

 商品を郵送するという方法をとったなら、犯人を割り出すことは可能なのではないか。

 警察は全力を挙げて犯人を検挙してもらいたい。

 言論封殺という民主主義社会の根幹を揺るがす卑劣極まりない行為なのであるから、当然警察に被害届は出してあるだろう。

 

 

 残念なのは、こうした訴えを冷笑するような反応が一部にあることだ。ネットには「被害者アピールして何の意味がある」といった言葉が飛び交った。

 

 被害者アピールなどと冷笑される事態が一刻も早く終わるよう、犯人の検挙を急いでもらいたい。

 あまり時間をかけると、被害者アピールのための自演というあらぬ疑いをかけられかねない。

 

 

 差別に反対する。政権に厳しいことを言う。憲法の大切さを論じる。これらの行為が攻撃対象にされるとは恐ろしい話だ。

 恐怖が萎縮を生む悪い連鎖の中で、言論の場が狭まることを危惧する。おかしな風潮を広げないためには、いつ自分も標的になるかも知れないと想像力を働かせ、批判の声を静かに、しかし確実に上げ続けることだ。

 

 

 冒頭部分同様、この最後の一節についても朝日と全く同意見、異論はない。

 

 日本人に対する差別に反対すると、なぜか差別、レイシズムと叩かれ、中指まで立てて豚野郎と罵倒され攻撃される。

 政権のグローバリズム政策や移民政策を厳しく批判すると、なぜか差別、レイシズムと叩かれ、中指まで立てて豚野郎と罵倒され攻撃される。

 憲法は国家の基本法という大切なものだから、きちんと自分達で作ろうと論じると、なぜか差別、レイシズムと叩かれ、中指まで立てて豚野郎と罵倒され攻撃される。

 

 日本は、日本人はどんなに叩いて貶めてもいいのだという、おかしな風潮をこれ以上広げないためにも、単に日本人であるというだけでいつ自分も標的になるかも知れないと想像力を働かせ、批判の声を静かに、しかし確実に上げ続けることだ。