無名ブログ

その辺にいる名も無き一日本人の雑記

男系天皇、女性天皇、女系天皇の違い

 新天皇陛下が即位されて令和の御代になり、俄に女性天皇女系天皇が大きく取り上げられ始めた。

 

 混同しやすいが、女性天皇女系天皇は全く別物だ。

 

 この点、詳しく、かつ分かりやすく説明してくださっている方々が大勢いらっしゃるので、詳しく知りたい方は検索で「男系天皇 女系天皇」で検索してみていただければサイトが出てくる。動画も複数作られている。

 

 男系とは、父親を辿っていくと初代神武天皇まで行き着けることをいい、女系とは母親をどこかで挟まないと神武天皇まで行き着けないことをいう。女系天皇は、どこかで神武天皇の血を引かない父親を挟んでいる天皇をいう。

 

 日本の天皇とは、初代天皇の血を父親、男性が伝えてきた男系天皇をいう。父系という方がわかりやすいという意見もある。また、科学的に、父親から息子にのみ遺伝するY染色体が、初代神武天皇から今上まで伝えられている天皇と表現されることもある。

 

 このような君主は世界で日本の天皇だけだ。

 

 父親、祖父、曽祖父と男系を辿っていけば初代天皇まで行き着ける天皇が「天皇」なのであり、男系を辿っただけでは神武天皇まで行き着けない天皇は「天皇」にはそもそもあたらない。

 

 ゆえに、便宜上女系天皇という言い方が使われるが、厳密には女系天皇とはそもそも「天皇」のうちに入らない。身も蓋もない表現をするならば、勝手に天皇を名乗っているその辺の馬の骨でしかない。

 

 他方、女性天皇は、父親、祖父、曽祖父と男系を辿っていけば初代天皇まで行き着ける天皇であることには変わりない。

 

 男系女子の天皇という言い方をされる。

 

 そのような女性天皇は歴史上複数存在した。

 

 仮に愛子内親王殿下が即位されると、男系女子の天皇となる。

 

 ただし、仮に一般人と結婚して子供が産まれ、その子供が即位したとすると、その子供は父親を辿っては初代神武天皇まで行け着けない。母親を辿らないと初代まで行き着けない。

 

 女系天皇ということになる。

 

 よく、サザエさんで例えて、カツオは男系男子、サザエは男系女子、タラオは女系男子という言い方がされる。

 

 分かりやすく、面白いのでどなたかが作成してくださった画像を引用させていただく。

 

 

f:id:mumei2679:20190629132734j:plain

 

 

 

 更に、皇室になぞらえて初代からの系図まで作成すると、こんな感じになる。これは私が作ってみたもの。

 

f:id:mumei2679:20190629132006j:plain

 

 初代の頃の名前は当然私が適当につけたものであり、公式のものではないので。念のため。

 

 初代岩彦の3人の子は当然男系男子と男系女子。

 

 鮭男、メカブは父親を辿っても岩彦まで行き着かないので、女系男子。この系統は何代下ろうが父親を辿っても初代に行き着かない以上、天皇(当主)とはなりえない。

 

 これに対して3代目平目は父親鯖彦を辿ると初代岩彦へ行き着く。女子である菜摘もだ。

 ただし、菜摘が一般人と結婚した場合、その子はやはり父親を辿っても初代岩彦まで行き着かないので天皇にはなりえない。

 

 こうして2600年以上、男系の系統を様々な工夫、努力で維持して現代に至り、現在の当主は第126代磯野波平となっている。

 

 当然、波平は父親、祖父と父親を辿っていくと、初代岩彦へと行き着く。男系男子の天皇ということになる。

 

 その子である、サザエ、カツオ、ワカメも男系だ。サザエ、ワカメが男系女子、カツオが男系男子となる。いずれも天皇になりうる。

 

 次期天皇はカツオなのだが、成長しないうちに波平が亡くなってしまったような場合、サザエがピンチヒッターとして、中継ぎで天皇となる。サザエ自身は女性だが、父親を辿れば初代に行き着くので問題はない。男系女子の天皇となる。

 

 ただ、その子のタラオは父親を辿っても初代へは行き着かないため、天皇にはなりえない。

 

 カツオが成長したら、サザエからカツオへ譲位する。

 

 仮にタラオが天皇となると、それは女系天皇ということになる。磯野朝ともいうべき系統は途絶え、フグ田朝が新たに始まるということになる。

 

 そのような事態を防ぐため、女性天皇はそもそも結婚せず生涯独身で通すということもある。

 

 愛子内親王殿下を女性天皇にと言っている連中がいるが、生涯独身で通させるつもりなのか。悠仁親王殿下という後継者がいらっしゃるのに愛子内親王殿下を天皇にする理由がない。

 

 何のことはない。皇統を、日本を断絶させたいだけだ。

 

 男系天皇女性天皇女系天皇を公式風に表現するとこんな感じだろうか。

 

 天皇=男系(男子・女子)≠女系天皇

 

 

 

 産経新聞世論調査で、女系天皇を容認するという割合が64%だったという。

 

 ただ、女性天皇女系天皇の違いを本当に理解したうえでの数字かというと、「よく理解している」が10%、「ある程度理解している」は33%、「あまり理解していない」「全く理解していない」が過半数となっている。

 

 「ある程度理解している」も、本当に違いが分かっているだろうか。例えば母親が天皇であるくらいに捉えている方もいるのではないか(父親が天皇でなくても男系男子であれば天皇となりうる)。

 

 確かに混同しやすい。だからこそ、教育の段階で日本の形として教えておくべきなのだが。

 

 少し質問を変えてみた方が質問の趣旨が分かりやすくなるのではないか。

 

 仮に女性天皇、そして女系天皇を認めるとどういうことになるのか。

 

 例えば、「小室天皇」を認めますか、と。

 

 

www.mumei2679.com