無名ブログ

その辺にいる名も無き一日本人の雑記

左翼はなぜ反日か

 左翼はなぜ反日か。

 

 日本が左翼国家にならなかったから。

 

 左翼、現在はリベラルと称することが多いが、左翼はもともと社会主義共産主義思想を持つ者を言った。

 

 しかし、ご存知の通り、日本は社会主義化、共産主義化はしなかった。左翼国家とはならなかった。

 

 そして、これからもなることも、もうないだろう。

 

 今から旧ソ連や東欧、中国や北朝鮮の後追いしようという日本人など殆どいないだろう。

 

 もっとも、左翼国家化の可能性がゼロになったかといえば、そうではない。

 

 確かに、日本人が左翼国家を選択するということは、限りなくゼロに近いと言ってもいい。

 

 ただ、外から左翼国家化させる可能性は残っている。

 

 他の左翼国家に侵略させ、併呑させることだ。最有力候補は、やはり中国だろう。

 

 自衛隊反対も、安保反対も、スパイ防止法反対も、沖縄基地反対も、オスプレイ反対も、そして憲法9条改正反対も、中国による侵略を容易にするためだ。

 

 お花畑と批判する人もいるが、別に脳に欠陥があるわけではない。左翼には東大出がゴロゴロいる。知能と人格は別次元のものだ。

 

 左翼は、明確な目的意識を以って歴とした工作として行っている。

 

 実際のところ、中国や北朝鮮へ行って侵略反対と叫んで投獄でもされたら、お花畑と言ってもいいだろうが、彼らがそんな活動をしたとは寡聞にして知らない。

 

 何の根拠もない虐殺やら強制連行やらを世界中へ吹聴して回っているのも、日本はこんな酷い国だと喧伝することで、日本への侵略を正当化し、日本を支援する国を減らすこと。あわよくば中国の味方を増やすことが目的だ。

 

 こんな嘘を真に受ける国などないと能天気に考えることの方が、よほどお花畑だ。放っておけば取り返しのつかない災いとなる可能性がある。

 

 

 では、共産党中国が崩壊し、外からの左翼国家化の可能性が完全にゼロになったら、彼らは反日活動をやめるのか。

 

 やめない。断言する。

 

 彼ら左翼の行動原理は、左翼国家化以上に、日本に対する敵意と悪意、すなわち反日となっているからだ。

 

 なぜ彼らが「平和活動」「護憲運動」で中国による侵略の手引をしなければならないのかといえば、その前に、日本人自らが左翼国家になることを拒否したからだ。

 

 彼らの社会主義共産主義の主義、思想を受け入れなかったからだ。

 

 自分達の主義、思想を受け入れなかった日本が、日本人が許せない、憎い。徹底的に貶め、破壊してやる。

 

 こんなところだ。

 

 左翼がなぜ反日かについては色々言われているが、要は、プロポーズを断られた男が逆恨みし、逆切れして相手の女性をデタラメな風評で貶め、女性が襲われてむごたらしく殺されでもしたら、両手両足を打って大喜びするようなものだ。

 

 左翼の反日を一言で表すなら、振られ男の逆切れだ。

 

 このような連中が女性の味方のような顔をして女性の権利が云々言っているが、こういう男は女性から最も忌み嫌われるのではないかと思うのだが。

 

 左翼も自分達のイメージが悪いことには気づいたようで、最近ではリベラルと称するようになってきている。

 

 

 左翼が、本来の意味の左翼から外れ、反日となったことは、韓国や犯罪者への肩入れなどにも表れている。

 

 左翼は本来社会主義共産主義思想の持ち主をいう。

 

 韓国と北朝鮮についていえば、本来は資本主義国家である韓国を強く批判しなければおかしい。

 

 実際、かつては、左翼は韓国を軍事独裁国家とか、まともじゃない国と罵倒し、北朝鮮を地上の楽園と礼賛していた。

 

 ところが、現在では左翼は韓国を持ち上げているのはご存知の通り。

 

 本来の左翼であるなら、資本主義国家である韓国が日本を貶めるような活動をしたなら、大いに批判し反論するのが筋のはずだ。

 

 だが、実際にやっていることは韓国と組んで世界中で日本を貶める活動をしている。あの悪趣味な慰安婦像もその1つだ。

 

 左翼が本来の左翼から反日へと転化したことの証左だ。

 

 今でも左翼の本命は左翼国家北朝鮮であるが、日本の左翼国家化は絶望的だ。日本が、日本人が許せない、憎い。徹底的に貶め、破壊してやる。

 

 そのためなら、資本主義国家だが、反日国家ではある韓国とも手を組んでやる。

 

 実際、資本主義云々さえ置いておけるなら、反日という点では韓国はこれ以上ない同志だ。

 

 日韓議連に、自民や公明だけでなく、旧社会党、現在の立憲民主や社民、共産といった左翼政党が加わるという、本来おかしな現象が起きている。

 

 マスコミも同様だ。かつて韓国を批判していた朝日も、韓国に肩入れし擁護する報道(という名のプロパガンダ)を垂れ流している。

 

 

 犯罪者への肩入れも同様だ。

 

 刑罰の引き上げや少年法の改正、捜査手段の拡充を必死で叩いている。

 

 人権を叫びながら、何の罪もない人を殺害する犯罪者を擁護し、犯罪をしやすいようお膳立てをする。

 

 自分達に代わって、自分達の手を汚さず、日本人どもをぶち殺してくれる犯罪者は愛おしくてならないのだろう。

 

 サリンを巻いて大量殺人、テロを行ったオウムに対する肩入れは凄まじいものだった。

 

 オウムについても、当然、他の犯罪者同様に、日本人を殺戮してくれたことに対する謝意もあるだろう。

 

 だが、あれだけ異様なシンパを隠さないのは、それ以上にオウムに自らの姿を重ねているからではないか。

 

 オウムも、自らの信仰、思想を社会に広めようとした。 

 そして、選挙にも打って出たが、一般の日本国民には相手にされず議席は取れなかった。

 

 結果、日本、日本人に対する敵意を募らせ、とうとう毒ガスを撒くというテロ行為に出た。

 

 社会主義共産主義の思想の実現を目的にし、オウムと違って多少の議席は得られたものの、結局は目的は果たせず、日本、日本人に対する敵意と悪意を募らせ、反日活動に出た左翼。

 

 行動パターンが酷似している。

 

 左翼は本来宗教否定なのだから、オウムの蛮行はなおのこと強く批判しなければならないはずなのだが、やっていることは礼賛擁護だ。

 

 これも左翼が本来の左翼から反日へと転化したことの証左だ。

 

 

 では、海外ではどうか。

 

 海外でも、当然左翼はいる。現役の(?)社会主義共産主義国は勿論、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツといった欧米の資本主義国にもいる。

 

 だが、虚構を世界に垂れ流して自国を貶めるようなことをする者は、今のところはいない。いるのかもしれないが、調べても見つからない程度の数だ。

 

 理由としては、日本に比べればだが、まだ左翼が受け入れられる土壌はあること。いわば逆切れをするまでの状態ではないことが挙げられる。

 

 とはいえ、それ以上に、半世紀ほど前のように、○○人民共和国みたいな国が誕生するところまで行くかといえば、それはやはり疑問だ。

 

 それゆえか、欧米の左翼も、本来の左翼から反国家へ走り始めている。

 

 移民推進やポリコレによる国家社会の破壊だ。

 

 掲げるスローガンは社会主義共産主義から、グローバリズムリベラリズムに置き換わっている。

 

 移民で無茶苦茶になっているヨーロッパだが、左翼が移民推進というのは本来おかしなことだ。

 

 左翼の労働者擁護という思想で言えば、労働者を路頭に迷わせる移民政策には体を張って反対しなければならないはずだ。

 

 欧米の左翼も、本来の左翼から外れ、反国家へ走り始めている。ある意味日本の左翼の後追いを始めている。

 

 そのうち、移民推進を正当化するために日本の左翼と同じように、反米プロパガンダを垂れ流すアメリカ左翼や、反仏プロパガンダを垂れ流すフランス左翼なんてものが出てくるかもしれない。

 

 

 

 

 左翼はなぜ反日か。

 

 日本が左翼の主義、思想を受け入れなかったから。

 

 左翼の反日は、要はプロポーズを断られた男の逆切れ、逆恨みだ。

 

 愛など語る柄ではないが、世の男性の名誉のため、念のため。

 

 例えプロポーズを断られ、振られても、ベソかいてヤケ酒飲みながらも相手の女性の幸せを祈るのが大半の男だ。

 

 例外的にそれができない最低男は、残念ながらいる。何で俺が振られるんだ、あの女が憎い、許せない、と。

 

 そういう手合いだからこそ、何でも自分の願望が叶うと平等の意味を勘違いして左翼思想に飛びつくのか、左翼思想にはこういう最低男を引き寄せる何かがあるのか。

 

 私には分からないし、どちらでもいい。

 

 左翼改め反日主義者が国家国民の敵であることには変わりはない。